--.--.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2011.01.31

    s:flo2(T51)の改造

    長らく放置していましたが、久しぶりに書いてみます。
    これまで全く書いていない分野、オーディオ関連の情報を今後書いていく予定です。

    今回はオーディオネタです。

    以前にもT51に改造を施してtwitterの方へはうpしていました。
    たまには・・・ということで、こちらの方へ自己の記録を残しておこうと思います。

    注意 改造をするのは自由ですが、動作を確認してからするように!

    まず、開腹です。
    Teclast TL-T51 / Nationite S:Flo2 wiki
    ここに分解方法の記載がありますので、参考までに
    (無断リンクです。さーせん)

    s:flo2開腹

    部品配置を忘れないように撮影しておきます。

    s:flo2改造前

    s:flo2電源接続部分

    改造に入る前にこの電源部分を取り外しておきます
    外した+と-がショートしないようにテープなどで隔離しておくとよいでしょう

    フィルムコンデンサを撤去し、次にオペアンプを撤去します。
    オペアンプの撤去について、やり方を知らない方のために載せておきます。

    まず、両方のピン4本にハンダを乗せます。
    乗せた後、少し熱を加えておくとよい・・・ハズ
    ハンダpadにしっかり付いてしまっているものを少しでも緩和する・・・という目的がありますが、ほんとにそうなってるかは分かりません(笑

    s:flo2 opa2604撤去1

    カッターの刃などの薄いものでオペアンプを持ち上げつつ、片側の4ピン全部をこて先を当てて溶かす。
    すると・・・

    s:flo2 opa2604撤去2

    こんな感じになります。
    ここまでこれば、余分なハンダを除去して、もう片側を外せば綺麗に取り外せます。

    オペアンプとフィルムコンデンサを撤去後

    s:flo2 コンデンサ&オペアンプ撤去済

    この後、まだ残っているチップ抵抗を取り外しつつ、順次交換していきます。

    今回交換するのはdigikeyとmouserから調達したこの抵抗です。
    (詳しくは後述)

    s:flo2改造チップ抵抗

    順次チップ抵抗を交換していき、片chが終わった状態

    s:flo2改造片chチップ抵抗交換終了

    ここまでくればだいぶ安心・・・とならず、Zobelの配線がちょっと難しい・・・
    熱容量の関係でチップ抵抗が取れてしまわないように注意しなければなりません

    s:flo2改造 Zobel取り付け中

    これで かんせい!
    画像にはありませんが、出力抵抗の100Ωも交換しています。

    s:flo2完成

    ここで注意

    基本的にWM8740リファレンスと同じ回路構成(差動増幅回路)になっています。
    若干フィルムコンデンサの値が違っていたりしますが、非常に近い容量です。

    ということを前提に・・・

    改造終了後、いきなり電源を入れるのは厳禁です。
    えるらーどさんとのおやくそく!

    回路構成を元にきちんとチップ抵抗が接続されているか、テスターで接続を確認すること。
    WM8740は28ピンありますが、アナログ部分に関係しているのは
    12,13,16,17ピン
    です。
    ここと、オペアンプの+と-間、+側でGNDに落としている抵抗などなど・・
    確認して電源を接続、電源投入してください。
    ここが結構キモの部分で、確認しないのは問題外です。

    この確認が終わったあとも確認が必要です。
    ここまできちんと確認できていれば、問題はないはずですが、これはオーディオ関連のお約束として行うことをオススメします。

    mini-mini-ケーブルをラインアウトへ接続し、R-GNDとL-GND間のDCを確認してください。
    5mV以下になっていなければ、回路を見直すようにしてください。
    (抵抗の誤差が大きければ、5mVを超えてしまう可能性はあります)

    今回改造した構成です。
    (白とびして見難いところが結構ありますが・・・さーせん)

    今回の改造完了後は出力が約1/3になります。
    (改造の出発点は出力を下げることだったりします。出力が大きいですからね・・)

    今回使用したパーツ
    Vishay TNPW(1005サイズ 5.1k、1k、481、100 1608サイズ:10)
    Panasonic ECHU(0.1u、560p、100p)
    BB(Ti) OPA2209

    s:flo2改造詳細・この他に出力抵抗100Ωを交換

    各チェックが終了したあとは、アンプ等に接続して動作を確認します。

    s:flo2かくにん!

    確認で使用したアンプは、strvさんが配布していた HA10miniRev1.1 終段3パラ&KT仕様です。

    きもちよ~く鳴ってくれます。

    今回使用したVishay TNPWは若干値段が高いですが、他の同じ種類の抵抗を使ってもかなり音質は改善します。
    おそらく元々の抵抗は厚膜抵抗だと思いますが、それをTNPWのような薄膜抵抗にすると、音がクリアな方向に向かいます。

    今回の改造前にT51を2台改造していますが、そちらは 進 RR を使いました。
    こちらはだいぶ安く、無くしても涙が出ません(w
    1005サイズのチップ抵抗はなくなりやすいので、進 RRのように安いもので練習してから、ステップアップ(?)をオススメします。

    今回は無くしませんでしたが、これまで5,6個無くしてます・・・

    こんな苦労もあったりしますが、その苦労があった分、より一層いい音に聞こえます。
    万人にオススメできる内容ではありませんが、この改造記事でみなさまがよりよい音で音楽を楽しめるようになることを祈っています。

    それでは、よい music life を

    1/31追記

    LPF:約111kHz
    開始点:約29kHz
    となっています。
    スポンサーサイト

    この記事へのトラックバックURL
    http://liberalismalliance.blog29.fc2.com/tb.php/24-635ce17f
    この記事へのトラックバック
    この記事へのコメント
    とてもわかりやすいです。
    参考にさせていただきます
    Posted by tomi at 2011.03.30 00:55 | 編集
    > とてもわかりやすいです。
    > 参考にさせていただきます
    ※res遅くなりました。
    わかりやすいと思っていただけてよかったです。
    やってることが困難ではありますが・・
    Posted by えるらーど at 2011.04.20 20:22 | 編集
    はじめまして、tarkoともうします。
    分かりやすい説明で、参考にさせていただき改造をしてみました。

    結果、音声はラインアウト、PHONEアウトとも出漁され問題ないのですが、
    右チャンネルの音量が心なしか小さく、曇っているように聞こえます。

    エージングしてもなおらなければ、右チャンネルのパーツを全部取り替えようかと思うのですが、どのパーツが右側でしょうか。

    また、故障していると思われるパーツ(または調査方法)をアドバイスいただけると大変助かります。

    よろしくお願いいたします。
    Posted by tarko at 2011.09.11 00:14 | 編集
    コメントに気づいていませんでした。
    失礼しました。

    最近開封していないので詳細は思い出せないのですが、L,Rどちら側かということであれば、比較的容易に調べることができます。

    要テスタ、mini-miniケーブル

    LPF部のオペアンプはデュアルであるため、1,7pinが出力になっています。
    ラインアウトにmini-miniを接続し、ミニプラグの真ん中の部分(L(先端),R,GND(根元)の順になっています)と、オペアンプの1,7pinそれぞれテスターを当て、100Ωになる部分がR側です。

    原因の調査としては、各抵抗(たぶんこれが原因と思いますが...)がきっちりハンダされているかテスターで抵抗値を測りながら、L,Rで異なる部分が原因ではないかと思われます。
    パーツの位置的な問題で、1kと470Ωを入れ替えてしまうと、出力が半分になったりするはずなので、まずはその確認からされた方がよろしいかと思います。

    トラブルを経験すると困りますがいいお勉強になります。解決することを祈っています。
    Posted by erlard at 2011.10.13 16:33 | 編集
    erlard様

    T51の改造について詳しい説明をありがとうございます。
    とても楽しく拝見させていただきました。
    文と画像にある、ZOBELというのはどこでご購入されたのでしょうか?
    グーぐるで検索をしても売っているサイトが出てこないので、
    ご質問をさせて頂きました。
    お手数をおかけいたしますが、ご教授頂ければ幸いです。
    よろしくお願いします。
    Posted by 岡本 at 2011.12.05 14:09 | 編集
    勘違いさせてしまう内容で申し訳ありません。

    zobelは商品名ではなく、10Ωの抵抗と、0.1uFのコンデンサからなるフィルタになります。
    「zobelフィルタ」ならば多くヒットするのではないかと思います。
    ※10Ωと0.1uFのセットの場合が多いですが、それと限ったわけではありません

    画像で説明しますと、LPF部オペアンプの1、7番ピンからそれぞれ、
    「1番ピン」→「10Ω」→「0.1uF」→「GND」
    「7番ピン」→「10Ω」→「0.1uF」→「GND」
    と接続されている部分がzobelです。
    Posted by erlard at 2011.12.05 16:39 | 編集
    erlard様

    無知な質問にご丁寧にお答え頂き誠にどうもありがとうございます。

    理解できました。

    また質問で大変恐縮ですが、

    1.下記URLの画像の赤で囲った部分(画像勝手に使ってすみません。)は、481(470?)でよろしいのでしょうか?

    http://i.imgur.com/QVJba.jpg

    2.出力抵抗100Ωというのはどこにあって、何という抵抗の100Ωにご変更されたのでしょうか?

    3.ZOBELの下に布のような物がありますが、これは絶縁の為ですよね?どのような布を使えばよろしいでしょうか?

    お手数ですが、よろしければご教授頂けると大変助かります。

    よろしくお願いします。
    Posted by 岡本 at 2011.12.05 21:31 | 編集
    > 1.下記URLの画像の赤で囲った部分(画像勝手に使ってすみません。)は、481(470?)でよろしいのでしょうか?
    > http://i.imgur.com/QVJba.jpg
    どき(笑
    赤い四角の部分は1kΩです。
    掲載直後に指摘して頂いていましたが放置してました^-^;
    5.1kはいいとして、もう片chから類推すると1kと481が各2個あることになりますので残るのは1kになる、という感じです。

    > 2.出力抵抗100Ωというのはどこにあって、何という抵抗の100Ωにご変更されたのでしょうか?
    緑色の出力端子部分のすぐ隣に2個並んでいるものが出力抵抗です。
    http://www14.atwiki.jp/cikada4/?plugin=ref&page=test01&file=32766.jpg
    (勝手に拝借)
    ここでいう上にある2個です。

    > 3.ZOBELの下に布のような物がありますが、これは絶縁の為ですよね?どのような布を使えばよろしいでしょうか?
    その通りです。
    アセテートテープというものを使いました。
    これです。
    http://twitpic.com/3j173z

    参考までに
    http://www.wolfsonmicro.com/documents/uploads/data_sheets/en/WM8740.pdf
    これのFigure27ほとんどまんまT51の回路になっています。
    Posted by erlard at 2011.12.05 21:58 | 編集
    erlard様

    ご丁寧に本当にありがとうございます^^

    すごい助かりました!

    実はT51を壊したのは改造失敗で2回ございまして、今回こそは失敗しないようにと、はんだ吸引機を買いました。

    1回目はオペアンプの足をニッパーで切ったときに、パターン剥離。。。

    2回目は改造成功したのですが、寝ぼけながら、テスターでチェックしていたら、バッテリーをはずすのを忘れていて、変な所を触ってしまったら煙があがり、ご臨終・・・(ばかですねぇw)

    必要な部品は先ほどRSとDIGIKEYで注文しました。
    全部で1万7千円・・・(送料込みにする為に余計なオペアンプを買ってしまった)

    難しい作業のようですが、改造できましたら、ご連絡させて頂きますm(_ _)m
    Posted by 岡本 at 2011.12.05 23:54 | 編集
    度々申し訳ございません。

    100Ωはこの赤の四角で囲った2つでよろしいのですよね?

    http://i.imgur.com/m4gSZ.jpg

    何度もすみませんm(_ _)m よろしくお願いします。
    Posted by 岡本 at 2011.12.06 00:38 | 編集
    あらら…
    私と同じですね…

    また買いましたねw
    お前がいうな、と言われそう(笑

    100オームはそこではありません。
    ラインアウト(緑色)の上にあるものです。
    わかりにくいですかね…
    Posted by erlard at 2011.12.06 10:25 | 編集
    erlard様

    お返事ありがとうございます。
    ご指摘ありがとうございます。
    危なかったですw

    てっきり緑色の丸で囲った部分の横のやつだと思ってましたw

    部品届くの待ちきれず、抵抗だけ除去しました。(緑の出力の上の2個以外)

    除去中に一個だけパターン剥離し、あせりましたが、なんとか元通りになりました(^ ^;)
    そのパターン剥離した部分を念の為テスターで通電確認もしましたが大丈夫でした。

    ありがとうございます。
    Posted by 岡本 at 2011.12.06 14:56 | 編集
    erland様

    初めまして

    こちらのブログを参考に改造を試みたものです。

    改造の最中、電源回りのチップ抵抗器を無くしてしまいました。

    この抵抗値を教えて頂けないでしょうか?

    お教え頂けるならば、部品特定のための画像をお送り致します。

    メールアドレスをお教えください。

    不躾なお願いですが、宜しくお願いします。

    Posted by 脱音狂 at 2012.06.28 18:33 | 編集
    > 改造の最中、電源回りのチップ抵抗器を無くしてしまいました。
    > この抵抗値を教えて頂けないでしょうか?
    がっくりしたでしょう...

    基板に取り付けた状態のままでよろしければ調べられると思います。
    気になるのは、確かに抵抗なのでしょうか?
    それ以外だと(コンデンサとか)、調べることができないので...

    画像を頂けるのであれば下記までお願いします。
    librddalle あっと yahoo.co.jp
    Posted by erlard at 2012.06.29 21:42 | 編集
    管理者にだけ表示を許可する
     
    アフィリエイト・SEO対策
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。