--.--.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2011.02.16

    無改造T51のの出力レベルを調べてみた

    s:flo2改と同じ方法で調べてみました。
    繰り返しですが、再度書いておきます。

    確認に使用したファイル
    波形:正弦波
    周波数:1kHz
    レベル:0db
    その他:waveファイル 60s

    無改造T511kHz正弦波

    6Vp-p弱になっているようです。
    スポンサーサイト

    Posted at 23:20 | T51 s:flo2 | COM(0) | TB(0) |
    2011.02.13

    s:flo2改の出力レベルを調べてみた

    改造したs:flo2の出力を見てみました。

    確認に使用したファイル
    波形:正弦波
    周波数:1kHz
    レベル:0db
    その他:waveファイル 60s

    s:flo2改に作成したwaveファイルを転送し再生させ測定しました。

    ※愛用安カメラが反射したりしていますがw
    s:flo2 1kHz正弦波 0db

    2Vp-pを少し超えているようです。
    5.1kΩをもう少し大きいものを使うか、1kΩを少し小さいものに換えれば2Vp-p前後にできそうです。
    (若干LPFも変わりますが、気にしなくてもいいレベルでしょう)

    個人的にはこの程度の出力なら十分許容範囲です。

    だいたい出力を1/3した、と言っていましたが、正確には2/5.1になっています。
    2Vp-p x (5.1/2) = 5.1Vp-p
    少なくとも今回の測定で2Vp-pを越えていましたので、元々は5.1Vp-p以上の出力があったようです。

    Posted at 21:38 | T51 s:flo2 | COM(0) | TB(0) |
    2011.02.09

    改造したs:flo2のその後2

    初めに別題
    プロフィールへ以下を追加しました。

    M-AUDIO IE-20XB
    Finalaudio PianoForte

    PianoForteは載せるか少し悩みました(笑
    ※分かる方だけ笑ってくださいw

    あとk701が入院しています・・・orz

    本題

    s:flo2改(TNPW換装)のエージングが50時間を越え、
    だいぶ繊細な表現が聞こえるようになってきました。
    これはなかなかいい・・・

    もうオリジナルの音とは全く違います。
    高出力であるが故、電圧による影響を受けやすい(鳴りに余裕がない)ので、出力を1/3にした効果もあったと思います。

    その辺の話を
    オリジナルは 2.64Vrmsらしいので、正弦波計算で約7.5Vp-pになります。
    7.5Vの振幅を電源9~10Vでやっていますので、かなり無理があります。

    実際はそんなになさそうですが・・・
    たぶん5Vちょっとくらいだと思います。あくまでたぶん

    それをだいたい1/3にしたので、s:flo2改の出力は2Vp-pくらいになっています。

    Posted at 20:28 | T51 s:flo2 | COM(0) | TB(0) |
    2011.02.02

    改造したs:flo2のその後1

    10時間ほぼエージングしました。

    次第にクリアになっていくのが感じられます。

    Vishay TNPW は 進 RR よりもエージングによる効果が大きい、というか、かなりエージングしないといけないぽいです。

    50時間、100時間経過後が楽しみです。

    (twitter連携のテストも兼ねて投稿してみました)

    Posted at 01:04 | T51 s:flo2 | COM(0) | TB(0) |
    アフィリエイト・SEO対策
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。