--.--.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2011.02.13

    s:flo2改の出力レベルを調べてみた

    改造したs:flo2の出力を見てみました。

    確認に使用したファイル
    波形:正弦波
    周波数:1kHz
    レベル:0db
    その他:waveファイル 60s

    s:flo2改に作成したwaveファイルを転送し再生させ測定しました。

    ※愛用安カメラが反射したりしていますがw
    s:flo2 1kHz正弦波 0db

    2Vp-pを少し超えているようです。
    5.1kΩをもう少し大きいものを使うか、1kΩを少し小さいものに換えれば2Vp-p前後にできそうです。
    (若干LPFも変わりますが、気にしなくてもいいレベルでしょう)

    個人的にはこの程度の出力なら十分許容範囲です。

    だいたい出力を1/3した、と言っていましたが、正確には2/5.1になっています。
    2Vp-p x (5.1/2) = 5.1Vp-p
    少なくとも今回の測定で2Vp-pを越えていましたので、元々は5.1Vp-p以上の出力があったようです。
    スポンサーサイト

    Posted at 21:38 | T51 s:flo2 | COM(0) | TB(0) |
    アフィリエイト・SEO対策
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。