--.--.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2012.06.15

    DAC9018S・トラブルから解決までの顛末

    NGとしたのは96kHzが聴けるかどうか
    トラブル時の現象:R側正常、L側にプチノイズが不定期かつ頻繁に入る

    R3、R4の値を実装のまま測定
    →R3:34k、R4:100k
    (R3がおかしい?とここで思う。※のちに正常と判明)

    SPDIF1からSPDIF2へ変更
    →結果NG。現象変わらず

    C4~C7のPana EEU-FR 1800uF/6.3Vに同じものをそれぞれパラ化
    (C4~C7それぞれ3600uFへ)
    →結果NG。現象悪化。L側から全く音が出なくなる。R側正常
     電源ラインに疑いを持つ(乗ってるだけのハンダヒゲとか)
    →パラ撤去元に戻す
    →現象が戻る

    C2のPana ECHU 0.1uFを普通のフィルムコン0.047uFに変更
    →結果NG。現象変わらず

    掲示板を見てR4(100k)の抵抗値を大きくしてみる
    →820k 現象変わらず
    →820k+820k 現象変化。L側正常。R側プチノイズ
    →820k+390k 現象変化。R側正常。L側プチノイズ(振り出しに戻る)

    C2、R4を元に戻す(C2:0.1uF、R4:100k)
    →変化なし。現象変わらず

    R3、R4の値を実装のまま測定
    →R3:100k、R4:34k
    (切替を行うと値が変化することを認識)

    ここから若干記憶が曖昧

    ES9018を再ハンダする
    →覚えておらず...(たぶん現象変わらず)

    SPDIFバッファをスルーさせる
    →C2とIC6 9pinを直結
    →現象変わらず

    諦めて全て元に戻す
    →フラックス除去剤でがっつりきれいにする
    →正常
    あれっ

    C4~C7のPana EEU-FR 1800uF/6.3Vに同じものをそれぞれパラ化
    (C4~C7を再びそれぞれ3600uFへ)
    →正常

    こんな流れだったと思います。
    掃除漏れとハンダミス両方だった疑いがあります。おそらくは...

    フラックスを除去剤と綿棒で除去していて気付きましたが、細かいハンダと思われるものが多数綿棒に付着していました。
    ハンダ屑が悪さをしていたかもしれません。

    現在は追加でアナログ3.3Vを3.58Vへ。また、1.2V系、3.3V系(3.58V化ライン)へPana ECPU 1uFを4パラした4uFをes9018直近にそれぞれ入れてあります。

    高域が綺麗になったかな~?
    スポンサーサイト

    Posted at 11:11 | DAC9018S | COM(3) | TB(0) |
    アフィリエイト・SEO対策
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。