--.--.--

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    2012.06.05

    PC到着!

    既に過ぎたことで、結構前の話ではありますが、PCを新調しました。

    定格運用(TBはありますが)なのであまり気にしないようにしていますが、Ivyです。
    本当は、
    ・グリス経年劣化する
    ・定格とはいえ、主な利用は動画のエンコードであり、CPU負荷が高い
     →より劣化が進む
    と考えていて勢いが削がれましたけど、結果的に導入しちゃいました。

    CPU:Core i7 3770(Kなしです)
    M/B:Z77 Extream4
    P/S:SS-660KM

    早速動画をエンコードした結果、CPU利用率が20%台を推移(笑
    できる限りMT対応させましたが、大幅に改善はできませんでした。

    これまでのC2D環境では100%だったのですけど。。。
    ボトルネックがCPUではなくなるとは思いもしませんでした。

    もし、改善するとすれば、同時エンコードの線になると思います。
    ※まだ未実行

    調べたところ、aviutlでx264エンコードしていますので、aviutlのフォルダをコピーするだけでよいようです。
    これは、後日やってみようと思います。

    ここまでが余談

    話は前後してしまいますが、エレアトさんからUDA基盤(DoP版)を譲って頂き、色々テストをしていました。

    foobar2000にresamplerを導入し、192kHzへアップサンプリングしたものをUDA基盤経由でPCM出力し、DAC9018Sへ接続してみました。
    SPDIF192kHzも聴いていましたが、結構違う音でした。
    話&噂は聞いていましたが、正直驚きました。
    どのような音かはもうしばらくしてからにしようと思います。

    ここから、新調PCとの関連性を

    最初サブノート機として利用しているC2D機に接続を試みたところ、USBレイテンシを最小から2段階落とさないとブツブツ途切れてしまっていましたが、新調したPCに接続したところ、最小で動いてしまいました。

    驚きです。
    やっぱり、速いPCは違うのかな~?

    音の違いは分かりませんでしたけど、影響はあるんでしょうかね。

    駄耳なので、聴き分けることができませんでした(笑

    ということで、現在は

    新調PC-USB-UDA基盤-PCM-DAC9018S(逓倍あり)

    という構成でしばし鳴らしこみをしている最中です。
    スポンサーサイト


    この記事へのトラックバックURL
    http://liberalismalliance.blog29.fc2.com/tb.php/38-7d931ee0
    この記事へのトラックバック
    この記事へのコメント
    管理者にだけ表示を許可する
     
    アフィリエイト・SEO対策
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。